更新したい

仕事忙しすぎて更新できねえ
土日もどっちか会社行ってるからな
この忙しさが通り過ぎるか会社に火がつくかどっちかしないと更新できそうにない
一応次の更新のテーマは【みんなは習い事サボったの親にバレたことあるか?】に決まってるんだが、もうちょいまってほしい

広告を非表示にする

家に消防車呼ばれたことあるか?

みんな~家に消防車呼ばれたことあるか?


俺はある。社会人になってからある。

 

 

 

俺はその日の朝から、フライパンで豚肉を山ほど焼いていた。
俺は朝から結構重たいもの食う。

 

うちの賃貸マンションはそこそこ新しい建物なんだが、換気扇の調子があんまりよくなくて、というか豚肉を大量にフライパンで焼くのに耐えられるようにはできていなくて、この日も、煙がもうもうと立ち込める限界の台所に俺はいたんだ。
なんかもう煙で目がしみてきて、痛くてあけていられない。料理どころじゃない。


君ならどうする? 写真をSNSにアップして「ちょっとしたボヤ騒ぎなんだがww」とか言ってイイネをもらったその次の行動だ。

いったん火を止めて、部屋の窓を全開にしてとりあえず煙を逃がすだろう。
それでなくとも換気扇が全ての煙を吸い込み終わるまでヨーグルトでも食べて待っているだろう。

 

ここで君に課せられた制限をひとつ発表しよう。とりあえず火を消すのは無しだ。なぜなら俺は豚肉を一刻も早く食べたいからだ。
そしてもうひとつ。窓を開けるのも無理な相談だ。なぜなら、俺はこの日の朝から部屋を結構掃除したり、換気して、ピカピカにしてあるんだ。お香も炊いた。そこに大量の豚肉の煙が入り込んだらどうなる? ピカピカのマンションの部屋が肉フェスみたいなことになるだろ。さあどうする?

 

俺がとった行動、それは玄関を開けて、そこから煙を逃がすということだ。玄関も外につながっているし、部屋を通さずに煙を出すことができる。

窓がだめならここから煙を外に逃がすしか無いよな。

俺は願っている。この世界のほとんどすべての人間が「うん、そうだよなうん」とこれに同意してくれることを。
(ただほんの少しの優秀な人たちが「え?!」って思うかもしれない。)

 

俺は玄関を開いて煙を外に逃がすことにした。

部屋中に立ち込めた煙が一目散にマンションの廊下に飛び出していく。廊下といっても吹きっ晒しだから、すぐに外気と交わるから大丈夫。その後にひらかれた裁判で、被告である俺はそう証言したのでした。

 

が、マンションの廊下には煙感知器の設置が法律で義務付けられてるらしく、このマンションも当然くっついている。

で、この煙感知器というのはほんのすこしの煙でも大騒ぎをするもんだ(というか普通、マンションの廊下に煙なんてたたないだろうから、ほんのすこしの煙でもあいつらは反応するようにできているんだ)。

 

時は朝の8時だ。そんな時間に1頭分の豚肉を焼いている俺もどうかとは思うが、更にどうかと思うのが、休日の朝の8時に寝ているマンション住人を全員叩き起こすのに十分なほどけたたましい非常ベルの音だ。

 

さあどうする? とりあえず豚肉食べてから考えようか? いやさすがにこっちが先だ。
玄関の外に出て、非常ベルが鳴っている器具を確かめてみるけれど、ベルを止めるような仕組みがどこにもない。装置の表面には電話番号が書いてあるから、そこに電話をしてみる(この間もけたたましいベルが鳴り響いている)。


管理会社のお姉さんが出ると、すぐに「ほかからも連絡がきている」としたうえで(さすが早いな)「そのベルは私たち管理会社しか止めることはできない。今から急行するけれど、20分くらいかかるかな」ということだった。

うわ~あと20分鳴るのかコレ・・・。


絶望とともに部屋に戻ってきた俺はパニックになりながら考えた。

俺ができることはなんだろう?

あ、そうだお昼前には出かけなきゃいけないからシャワー浴びないとだ。
というわけでお風呂場に行って水を出すと、シャワーの音で警報機の音がかき消されてあんまり聞こえなくなった。あ、止まった! そうか、こうして警報機の音を他の音でかき消せば、音は止まったことと同じことになるんだ! そうだったそうだった。

 

で、優雅にシャワーを浴びて、「頼むからもう警報機止まっててくれ・・・」と思ってお風呂から出てくると、うわ~こんなにもデカい音でまだ鳴ってるわ・・・というくらい元気よく鳴り響いている。


そのうえ窓の外に消防車が止まってる!!
更に、ちょっとパニックになっているオバちゃんが「このマンションからです!!」と聞こえてくる!!

 

ああ俺の人生もここで終わりだ…というか、終わりでなくとも、この歳になって公的機関の人から真面目に怒られるんだ…と思うとものすごく気が重くなってくる。


とりあえず炭になった豚肉は捨てた。何故だかすごく食欲がないからだ。

髪の毛を乾かして服を着て、おそるおそる窓の外を見てみると、消防車2台とパトカー1台止まってる! え? 逮捕されるのか!?

やば~早めに会社に連絡したほうがいいかな? と本気で考えているとドアを叩く音がした。
君ならどうする? 窓から逃げる前提として、ブラジルかインドネシアかどっちに身を隠す?

 

観念してドアを開くと、いやあよくそんな大勢でお越しになりましたねえってくらいめっちゃ消防員おる。学校のクラスの1つの川くらいおったわ。
で、多分むこうはもう俺の部屋が火の海だろうと想像してるもんだから、大丈夫ですか!! って言いながらドカドカ入ってくる。

少し身をかがめながら俺の部屋に入ってくる。

で「なんだこの、朝に掃除してピカピカになったばかりの部屋は」だからな。
火がない!いや俺は知ってるんだけど・・・。


世にも奇妙な物語の登場人物たちみたいな不思議な顔をしている消防員に、どうする? 事情を話すか? 豚肉焼いてたんですって言うか? まあ大人なら言うよな…。


「もしかしてクローゼットが燃えているのか??」とおそるおそるクローゼットを覗き込んでいる消防隊員の人に、俺が申し訳なさそうに「すみません、豚肉を焼いてて…多分それだと思います」と白状した。

が、消防隊員の隊長みたいな人が「いや、この部屋に設置してある感知器が反応してないんで、この部屋が原因ではありません」と言って、隊員を率いて隣の部屋へ・・・。

あ、もしかして俺のせいだと思われてないのか? と思う一方でうわ~この事情聴取もしかしてマンションの部屋の人みんなにやるのか??? と思いちょっとパニックになる。


一緒に警察官のひとも来ていたから、その人をつかまえて「ここで焼いていた豚肉の煙が、マンションの廊下に出ていって、それで感知器が鳴ったんだと思います」と言ったら、「いや普通はそういう家庭の煙であんな廊下の感知器は反応しないんですよ、よっぽどでない限り」と言ってくれたのでよっぽどな煙だったんだろう。

 

お前誤魔化してるんじゃねえと言われるかもしれないが(実際のところ誤魔化してるんだが)俺は結構しつこく「俺が豚肉を焼いてそれで感知器が反応したんです!」「俺の!!豚肉が!!」って言ったんだけれど、「常識で考えてそんな馬鹿なことがこの世界にあるわけない」と思われたのか、結局その感知器は「誤作動」か「いたずら」ということになった。いや~、そんな馬鹿なことするやつがいるんですよねえこのワールドに・・・。

 

本当に申し訳ないのと、ああ逮捕されなくてよかった・・・という複雑な安堵感を覚えたのを覚えている。


でも、俺が受けた罰としては、その後しばらくはまた警察官がうちに来るんじゃないかとビクビクして過ごしていたことだ。というのも、俺の玄関の前には監視カメラがばっちり備え付けてあって、後からそれを確認すれば、部屋から半身乗り出して、ドアをまるでウチワのようにバッサバサ開け閉めしながら尋常じゃない量の煙をすべて廊下に逃がそうとしている悪質な犯罪者の姿が写っているのがわかるからだ。


みんなも、豚肉を焼いてもその煙を決して玄関側から逃がそうだなんて、ゆめゆめ思わないことだ。消防車くるぞ!


(公的機関の方まことに申し訳ございませんでした)

マンション欲しい

書くことねーー

 

ここ数日仕事も私生活もそんなに,変化がなくて,ピアノ教室もいつもどおりだし(そしていつもどおり上達しないし),とりたててブログやツイッターに投稿するようなことがない。

 

そんな中でもあえて言うとしたら,最近は自炊を一生懸命しているということと,この前上司の家(マンション)に遊びに行ったときからすげえマンション欲しくなっている,ということくらいだ。

 

とりわけマンションについてはかなり欲しくなってる。

仕事帰りにマツモトキヨシで安売りしていたら衝動買いしそうなくらい欲しくなっている。

今の賃貸マンションの契約期間が,今年の11月までだから,更新するか違うところに引っ越すか,あるいは社宅に入るか決めないとなあと考えていたところで,急にマンション欲しくなってきた。

 

だが,俺もいい歳とはいえ,今の自分の所得や預貯金では気軽に(気軽じゃなくても)家を買うことなんてできるわけじゃない。突然庭から非課税の1億円でも出てきたら別だが。

なので,これから少なくとも3~4年はちゃんと貯金を頑張り,その時でも熱が冷めてなかったり,結婚とかするタイミングがあればそこで買おうかな,というのが今のライフプランなんだ。

 

それまで,取りあえず自分がマンション買うとしたら,どこの,どんな物件にするかなあということを考えている。さすがに東京23区は無理だなあとか,キッチンとリビングは向かい合わせがいいなあとか,地面に不発弾がないといいなあとか。

で,最近はさらにそれだけでなく,マンションのモデルルームめぐりもしてみようかと思っている。

つい先日,適当な近場のマンション(実際にそこに住んでもいいと思っているくらい良いとこ)の資料請求をしたところだ。

そしたら本当に翌日くらいには資料が届いたんだが,チラシが1枚郵送されるとかじゃなくて,しっかりとした箱が風呂敷で巻かれている小包が届いて,マンションの資料や,ちょっとしたオマケ(削ったヒノキでできた本のしおり)なんかもついていた。

今までマンション広告なんて郵便ポストに入っていても1秒から2秒かからないくらいのスピードでゴミ箱に突っ込んでいたけれど,暇つぶしに見に行くのも楽しいかも(中には見学してアンケートに答えただけでクオカードとかもらえるのもある)。

そんで暇つぶしがてら様々なモデルルームを見学して,「趣味:モデルルームめぐり」と名乗れるくらいになってから,実際に自分の住む家を選ぶ。一生の買い物だからこれくらいしたほうがいいと思うんだ。

 

ひとつ問題があって,ちょっと遊びで資料請求した人にこんな手厚い玉手箱みたいなもん送ってくるもんだから,これで実際に見学しにいった日には「王様がいらっしゃった」くらいの扱いをうけて,帰り際には住宅ローンの契約担当者に両脇を抱えられて契約せざるをえない雰囲気になっちゃう可能性がある(俺はモデルルーム見学会に行ったことがないのでわからんが)。

 

そこで考えたんだが,実際にモデルルームに行くときには財布に小銭しか入れずに,契約をすすめられたら「いやあ僕の全財産これくらいなんですよね」的なこといって財布から430円ちゃりんちゃりんその場に出してみるというのはどうだろう。

無事に帰れるというかむしろ背中蹴られて追い出されるかもしれない。

 

 

広告を非表示にする

梅酒作ったよ

今年も梅酒を作ったよ。


そろそろスーパーにも梅が並んできていい時期だったから、例年通り自家製梅酒を作った。

 

作り方に関しては去年のブログを見てもらったらいいけれど、お前たちは1クリックして過去の記事見るのも面倒くさいだろうからまた書く。


材料

1.梅(カリカリ梅はやめろ)
2.氷砂糖(作る前にペロペロするのやめろ)
3.容器(ちゃんと密閉できるしっかりしたやつにしろ。リラックマのゆるいボトルとかやめろ)
4.酒(作る前に全部飲むのやめろ。あとみりんやめろ。

f:id:amemiya_a:20170619233004j:plain

 

 

つくりかた

 

1.梅のヘタをとる


これ忘れるな。
もうほんと、去年に梅酒の記事を書いて以来、毎月毎日のように「梅酒 ヘタとる 忘れた」とかいう検索ワードで来る人がいて、俺は悲しい!


ヘタつけたまま漬けると雑味になるから忘れるなよな。

で、この記事を読んでいる人の中にはそれを忘れちゃった人が絶対いる。
その人にいいアイディアを与えよう。
梅酒ができて、さあ飲もう、という前に軽くビールを2,3杯やることだ。
そんだけ酔っ払ってれば細かい雑味なんてわからん。

まあそんなレベルってことだ。


そんで、これのやり方は実に簡単。爪楊枝でヘタをちょこっと取り除くだけだ。
爪楊枝なんてねえよ、というあなたが工学系の理系学生だったらおめでとう。マイナスドライバーでも実によく取れる。
今回はマイナスドライバーでヘタをとってみた。

 

f:id:amemiya_a:20170619232417j:plain


2.梅のアク抜きをする。


これもやり方は実に簡単で、1.でヘタを取り除いた梅を、水道水で2時間以上漬けるだけだ。
そしたら取り出しから乾かす。


あのな、もうほんと、去年にこのブログを書いてから毎月毎日のように「梅酒 アク抜き 忘れた それはともかく会社の金使い込んだ 死にたい」とかいう検索ワードで来ている人がいてとても俺は悲しい。

 

というかお前たちは「梅酒 わすれた」 「○○わすれた」ばっかりで、ちったぁ作る前に調べろよ!!!

とか言ってももう遅いだろうから、そんな君にひとつアドバイスをやろう。
アク抜きをわすれた梅酒を飲もうって時に、その前に食前酒的な感じでウオッカをロックで1杯やる。そうするとそんな雑味なんてわけわからなくなるからいいぞ。
まあそんくらいのレベルの問題ってことだ。


3.瓶に氷砂糖と梅を入れる。

 

氷砂糖は自分が思っているより結構豪快に入れたほうが良い。
というのも味に直結する以外に、糖分が梅エキスの抽出を促進するんだ。

氷砂糖なんてそもそも残しておいてもペロペロやる以外に使いみちなんてないからな。
まあジュースみたいな酒だし、甘いほうが美味い。
氷砂糖はケチらず「こんなにいれて良いのか?」ってくらいぼんぼんぶち込むことだ。


4.酒を入れる。

 

果実酒用のホワイトリカーは絶対に失敗しないから、初めて作るならこれオススメ。
ブランデーでも美味い。ウオッカもいい。
ジンとラムはそれ自体でクセのある味がするから梅酒つくりにはやめておこう。


そうそうあと、「梅酒 梅 忘れた」って検索ワードで来たお前!! お前単に酒飲みたいだけだろ!!


5.半年待つ

 

だいたい5ヶ月~6ヶ月ほどで飲める。
できれば毎日振って、瓶の中の濃度を均一にしたほうがいい。
でもまあ、忘れるよなあそんなの。


だから俺は、この瓶をお風呂場の脱衣所に置き、お風呂に入るタイミングで「おおそうだった」って思い出して振ることにしている。こうすれば半年くらい毎日の日課になるというわけだ。


ただ風呂に入る直前の素っ裸で大きな瓶をぶんぶん振っている姿はとてもじゃないが人に見せられる姿じゃない。

 

さあ、後は飲み頃を待つだけだ!!

f:id:amemiya_a:20170619232742j:plain

広告を非表示にする

レストランでスマートに長4封筒出す男の話

今日は給料日だった。

 

 

お金があると落ち着くよね。

 

お給料をいただくと,まず俺はWindowsのエクセルを起動して,次の給料日までのお金の使い道を計画しはじめるんだ。

 

日々の生活費と,交友費,家賃は支払えなくなったら公園の土管の中に身を潜めることにしているからこれは無視して,最後に残ったお金を貯金・・・。

 

これがまあ計画通りにいかないんだ。

というか、計画を一生懸命作ったとして,これを翌日以降再び見ることがまるでない。計画作って満足しているんだ。

だいたいエクセルのファイル名が「皮算用.xls」だからな。

 

 

貯金の仕方がまずおかしい。

お金のため方として,「残ったお金を貯金」というのは,どの貯蓄に関する本を見ても「思うように貯金できず土管で暮らす人にありがちな特徴」として挙げられているものだ。


賢い人はまず「いくら貯金するか」を決める。そんで,そこから逆算して,毎日使うお金を細かく決めていくというものらしい。

実によくわかる。

 

そこで俺は,まずこれくらい貯金したいなあという額を,普段使っているのとは別の口座に移し(ここにも問題がひとつあって,この預金口座から直接競馬の馬券が買えるよう契約してある),日々使うお金を考えていくことにした。

 

次に,それができたら,今月使う予定のお金をいったん全部現金で手元にあつめて,これは食費,これは来週の飲み会のお金,これは次の土曜にイオンに行くときのお金,これはメ●シコの知り合いから大麻を買うお金,などと分けていき,それぞれを封筒(長4サイズがお札を入れるのにちょうどいい)に入れる。封筒にはサインペンで用途を書いておく。

 

f:id:amemiya_a:20170616183808j:plain

これが新しい財布となるのだ。

 

そして,実際にそのお金を使うときがきたら,適当なお金がはいったお財布ではなくて,その封筒を持っていき,それを限度としてお金を使う。これだ。

 

最大の問題は,お金をぜんぶ一つの財布に入れてしまって,いくらつかったのか覚えていないうえに,仮に使いすぎたとしてもすぐにお金が湧き出てくる魔法の板(銀行が発行している)のおかげで俺たちは全く痛みを感じない。


しかし、この方法であれば,少なくとも予算オーバーしているな,というのはわかるし,いつ何のための出費があるかもわかるから良いというわけだ。


だけど,この方法を試すうえで問題がひとつ。


例えば俺が何かの手違いで,綺麗な女の人とレストランか何かに行ったとする。そのための予算もばっちり持ってきた。
お会計のとき,「わたしはいくら払えばいい?」と聞いてくれる女の子をさえぎって「気にしないで,ここはご馳走するぜ!」と言いはなち,そして懐からおもむろに出てくる長4の茶封筒


限りなくダサい! 

いや,いったいどこの,どんな女性がこんなやつにシーザーサラダを奢ってもらいたいと思うというんだろう?

メインの財布の中身をいつも空っぽにしておいて,今日使う分だけのお金をそこに詰め替えて生活するというのもいいけど,なんか面倒だなあ・・・。

と考えていたところで,良いアイテムを発見した。マネークリップという。
海外では,男性が紙幣をこいつに挟んで,会計の時になるとひょいっと出してサッと支払うのが一般的になってきているんだって。
こういうの。

 

f:id:amemiya_a:20170616184030j:plain

f:id:amemiya_a:20170616184508j:plain

 

 

これなら割とスマートじゃん!

こいつをいくつか購入して,お金の使い道ごとにクリップしておく。
用事があるたびにクリップごと持っていくというわけ。楽チンだ。

 

Amazonに結構な数売られてるらしいから見に行くと・・・・結構高いなこれ!
完全なクリップなんだけど3,000円くらいするものもある!
これだとマネークリップを買いに行くためのお金を留めるマネークリップが必要になってくる。

 

いやー結局お金を留められたらいいんだから会社にあるダブルクリップとかでいいだろもう


いやだめだ! そうなるとまた,お会計の時に「こいつ普段どこの土管で生活してんだ」って思われちゃう!


多分近日中にマネークリップ買ってレポするか,あるいは土管の中はひんやりしてて案外住みやすい,という更新するかのどっちかだと思う。

 

更新してねえええええ

いやー最近更新してない

 

ここのところ変化がない日常だから仕方ない

 

ブログのネタのために定期的にUFOに連れ去られるとかしたい

 

そのためにわざわざ宇宙人きてほしい

 

見出しのデザインをいろいろ学んだので無駄に使ってる

 

今週中にちゃんと書きます・・

 

 多分ちかぢか梅がスーパーに並ぶと思うから、また梅酒の作り方でも書こうかな。

そうでなければ「ぼく昨日宇宙人にあった リアルで」的なクソ記事書こうと思う。

 

 

 

高校のころ書いてた小説のはなし

こんにちは青山です。

 

今でこそ俺は社会人だからこんなクソ記事を載せるブログをやっているけれど、俺が青春時代を楽しむ花の高校生だった頃もこんなクソ記事を載せるサイトを飽きもせずにやっていたのはこの前言ったとおりだ。

 

で、そこでは日記に加えて、短い小説のようなものを載せようと計画していて,これがだいたい「お,これ面白いアイディアだな」と思って書き始めてから10行くらいで飽きる。

そのサイトには最初の10行くらいで力尽きて終わった小説が海の墓場のようにして置いてあったんだ。

 

そんな無数の小説になりたかったものたちのなかで、今でもたまに思い出す作品(?)というのがある。
(以前「山岡の思い出」という小説を書きかけた,という話をしたことがある。あれみたいなもん)。
 今日はその話をする。

 


-----
 
まずタイトルが「開運美少女ラッキームーン」というものなんだが、多分だけどいつものとおり名前だけで面白いわこれと思って書き始めたんだと思う。俺の悪い癖だ。
 
 
トーリーはこんなものだ。
 


この世界は不幸に満ちている。

宝くじを買えば外れる,競馬を買えば外れる,家を買えば燃える、犬を飼えば逃げる
 
その溜まりに溜まった悪い運が,邪悪なエネルギー【不運エナジー】として意志を持ち,人の心に入り込む。


その結果,善良な市民は、不運な怪人へと姿を変え,街をぶっ壊しはじめる。

基本的には宝くじ売り場とかパチンコ屋とか不運な連中が多そうな場所を狙うのが奴らの性質だ。

 
で、これに立ち向かうのが俺たちの開運美少女ラッキームーンだ。

開運美少女は,ラッキームーンを筆頭に5人のめちゃくちゃ幸運な女の子たちで構成される。
(どのくらい幸運かというと,彼女らは最低限,生まれてからジャンケンで一度も負けたことがなく,普通に歩いている限り赤信号に止められることがない)


彼女らのもつ「幸運のエネルギー」で,不運な怪人を倒すわけだ。
 
暴れまわる怪人を前に駆けつける5人の少女たち。
「ラッキー・スピリチュアルパワー 運気アップ!」
という掛け声でそれぞれ変身する。

変身のために洋服を着替える必要があるからいったん近くのルミネやイオンのトイレに行くんでこの辺はダラダラしている。彼女たちが全員戻ってからが戦いが始まるのだ。
 


彼女らの基本的な戦い方は殴る蹴るだ。

だが,専用の武器もある。
幸運を呼び寄せるツボ,鈍く輝くブレスレット,金色のドラゴンの置物などがそれだ。
そうした彼女たち専用の「開運ウェポン」を用いて,そして基本的にはぶん殴る。
(ドラゴンの置物は攻撃力が高いが持ち運びが大変だ)
 
最後,5人で寄ってたかってボコボコにされた怪人の前に,ラッキームーンが歩み寄る。
その手には「ルナ」という名前の金色の招き猫がまばゆく輝いている。
で,ラッキームーンが言うには「この開運グッズを4万9,800円で買うならお前の会社には黙ってる」。
怯えきった怪人が5万円を支払うと,その金をラッキームーンが「金がみるみる溜まる開運財布」という,よく雑誌の最後のほうの通販で売られてそうな悪趣味な財布にしまう。お釣りはない。

 

基本そんな感じでどんどんやる。 

たしか、ラッキームーン以外の人物紹介をしているところで飽きてやめたのを記憶している。
俺はストーリーを書くのは好きなんだが,登場人物の細かい描写をするのがすごく面倒に思えるんだよな!
 
というか,普段から小説を読んでいて思うのが,みんなそんな,他人のことちゃんと見てるのか? ってくらい超細かい人物描写してるのあるよな。
背がどんくらいで,まあそれはいいとして,髪の毛がどんなパーマで色がどうで,肌の色がどうで,目の大きさがどうの・・・。
これは小説に感情移入するための描写だとは思うんだけど,もうちょっと適当なのでいいと思うというのが俺の考えだ。
 
例えば,ラッキームーンの仲間であるラッキーイエローはカレーが好きだ。
イエローだから当然そうなる。 
彼女の人物描写については以上である。
 
 
ただ,こんな悪質な引ったくりみたいなラッキー連中も,ただお金稼ぎをしているだけじゃなくて,それでもっと凄い開運ウェポンを購入し(雑誌の後ろのほうの通販で売られている),更なる巨悪を倒そうという目的を持っている。


そのため,彼女たちはそうした怪人を倒してお金を巻き上げる一方,それ以外にバイトもしている。


それぞれ,運の良さを生かしたバイト,例えば幸運を呼び寄せるセミナーなどを開いたり(ムーン),風水グッズを売ったり(ブルー),,ラッキーブラックは脳筋だから道を行く人に突然「俺とジャンケンして俺が勝ったら5万な」などと吹っかけてお金をいただいたり(刑法249条「恐喝」),ラッキーイエローはカレーが好きなので幸運とか関係なくココイチでバイトをしている。
 
だから,この小説は怪人からお金を巻き上げるのも含めて基本的には金を稼ぐ話だ。


誰かこの続き書いてくれ。

 

f:id:amemiya_a:20170601223251j:plain